古本の買取をネットで依頼できるサービス☆

Posted By on 2014年9月20日

今までは、重たい書籍を詰めた紙袋が破れたり、布袋の持ち手が引きちぎれたりしながらも店舗までバスに乗って出かけていましたが、ネットで古本の買取の集荷サービスがあることを知ってからは大変便利になりました。マンションの6階に住んでいるので、古本を捨てようにも、ゴミ捨て場に持っていくだけでも一苦労でしたが、このサービスは部屋まで配送業者さんが取りに来てくれるので、もはや捨てるよりも楽です。しかも、買取の手数料も集荷サービスも無料なんです。

 

梱包用の段ボールは自分で用意しないといけませんが、近所のスーパーで適当な物を譲ってもらっているので、これもタダです。買い取り希望をネットで申し込んだら、集荷に来てもらう希望日を入力して、その日までに自分で段ボールに詰めて、パソコンから印刷した申込用紙を同封すれば良いだけです。買い取ってもらえないかな、というような本でも、とりあえずでも詰めておけば10円くらいにはなることも多いですし、買取不可でも、送った先で処分してもらえるので助かります。配送業者さんが集荷に来てくれてから一か月もしないうちに、メールで買取金額の提示があります。

 

それをこちらが了承すれば、買取金額が指定の口座に振り込まれます。手数料は特に引かれません。本当に至れり尽くせりです。CDやDVDも買い取ってもらえます。今までは交通費もかかっていたし、店舗に行くとどうしても新しい本を買って帰っていたので、たいして手元に残らないどころか、所持金が減っていましたが、このサービスを利用し始めてから有効に時間とお金を使えるようになって本当にありがたいです。しかも、本を捨てることが全くなくなったので、エコにも貢献していると思います。企業側の負担も大きいサービスだとは思いますが、ありがたくこれからも利用させてもらおうと思っています。ちなみに私が利用しているのは、広島県を中心とした企業の、フタバ図書のネット買取サービスです。

便利な世の中!ゴミ・不用品の引き取りサービス!

Posted By on 2014年9月19日

私が便利だと感じたサービスは、やっぱり「ゴミ・不用品の引き取りサービス」ですね。ただし、ものすごくお金がかかりましたが、要らないものを一挙にまとめて引き取ってくれるサービスはものすごく助かりました。

「私が」というよりは、わが家で利用したのですが、足腰が悪くなった祖母との同居の際に、祖母宅の片付けに利用しました。今では一般的なサービスとなったようですが、私が若い頃はこのような「ゴミ・不用品の引き取りサービス」なんて、大きな施設でないと利用できないというイメージがありましたので、今のように一般的なサービスとなり、本当に助かりますね。

わが家のような一般家庭でも利用できますし、電話帳にも「ゴミ・不用品の引き取りサービス」の会社が広告とともに掲載されています。それに、インターネットを検索すれば、すぐに数多くの業者が表示されますよね。本当に便利な世の中になったものです。

さて、問題の祖母宅についてですが、祖母はときどき、ゴミ置き場からまだ使えそうな鍋や本などをもらってくることもしている上に、もはや説明するまでもないかも知れませんが「物を捨てないタイプ」ですから、言葉は悪いですけれど本当に「ゴミ屋敷」のような状態だったのですよね。

ですから、私たちが片付けをおこなうだけでも、多大な苦労が予想されました。しかし、もう祖母宅に祖母が戻って一人暮らしをすることはないでしょうから、このまま空き家にして置いておくわけにはいきません。放火にあったら、周辺住民にも迷惑がかかりますしね。

そこで、娘が「私のボーナス払いでいいから、地道に片付けるよりも業者に頼みたい」との提案をしてくれました。そして実際に利用したのですが、本当に便利なサービスでしたね。

まず、朝イチで業者が来てものの1〜2時間ぐらいで、祖母宅の中身をすべてトラックに移動してくれましたから。なおかつ空っぽになった祖母宅を簡単に掃除までしてくださいました。

また、荷物はすべて処分しても構わないと伝えていたのですが、業者さんは簡単な仕分けまでしてくれたようで、「これらは本当に処分しますか?」と、必要そうなものを処分前に再度確認させてくれました。

当初、不用品の処分価格がおおよそ13万円と聞いたときは、「高い!」と思ってしまったのですが、この内容ならば納得せざるを得ないですね。ものすごく良くして頂きましたから。

とは言え、まあ不満点をあげるのであれば、「もう少しお安く…」とは正直思っています。トラック1台で10万円が相場らしいのですが、9万、8万…と、あともう少しで良いので価格が下がればいいのにとは思っています。

ネットショッピングというサービスは最高ですね。

Posted By on 2014年9月18日

この時代に生まれて、さらにネットが自由にできる環境にいることに本当に良かったと思っています。
ネットショッピングは人生を変えるほどのすごいサービスだと思っています。大げさじゃなくて、本気で思っているんです。
だって、外に出ずにして買い物がどんどん出来てしまうんですよ。それも一社じゃなくて価格も比べられるし色んなお店で購入することが出来るのでとても便利です。

特に、私個人で言うと、劇的に変化したのが日常の買い物です。赤ちゃんがいるので、外に出るのがとても大変なんです。その上に買い物はかさばるものや、重いものも多くて旦那さんと一緒の時にまとめ買いしていました。

ですが、ネットスーパーを利用するようになってからは、重いもの屋かさばるものは、ほとんどすべてをそこで購入しています。トイレットペーパー、お米、ティシュペーパーにお水など。外に出なくていいし、時間も短縮できます。24時間好きな時にいつでも購入出来るんですよ。これって10年前は考えられませんでした。沢山のお店があるので、競争もしてくれるし、実際の店舗で購入するより安かったりして助かっています。

あとは、規制緩和によって、薬も大抵のものが自由に手に入る用になったことです。いつも使う常備薬やすぐに必要でなくて、でも欲しい物とかも全部買えます。その上、薬剤師さんに相談できるように、電話番号や担当の薬剤師さんの名前まで書いてあるんです。これって本当に最高に至れり尽くせりです。

あとは、楽天スーパーセールやネットセールがあると、あり得ないような安い価格で商品が手に入ることです。それも全国のショップから選べるなんて夢のようです。

今までは、自分で足を運んでしか、遠くの店は買い物が出来なかったのが、自由にできるインターネットの凄さです。ネットショッピング最高です。

時間短縮も出来るし、いい物がお買い得に購入出来るメリットしかないようなものです。
私の生活スタイルをガラリといい風に変えてくれました。本気で感謝しています。
ネットショッピングで改善して欲しい部分は今のところあまり思い浮かびません。

スーパーの宅配サービスについて

Posted By on 2014年9月17日

 

私が便利と感じたサービスは、週に一回行っているスーパーの宅配サービスです。
1500円以上買うと、申し込めば無料で宅配してくれるのです。
これを週に一回利用するわけではありません。

主に、お米を買うときや、ペットボトル飲料をダンボールで買うときに利用します。
車で行っているわけではないので、お米や複数のペットボトルを持って帰るのはかなりきついのです。
それに、普通の買い物をしたら1500円は微妙ですが、米を買えば余裕ですし、ペットボトル1本だったら無理ですが、まとめて買えば1500円は余裕で超えます。

しかも、もう一ついいのが、すぐに宅配してくれることです。

まだかなと待ちくたびれたことが一度もありません。
むしろ、もう来たの!?というくらい早いです。
何処かに寄り道していたら宅配のほうが早く着いてしまうんじゃないかというくらいです。
ですので、宅配してもらう日は何処にも寄り道しないようにしています。
そうです、唯一の欠点は、時間指定が出来ないことなのです。
といっても、私自身は欠点に感じていないのですが。
私の家はそのスーパーから歩いて結構近いところにあるので、それこそ寄り道さえしなければ宅配より遅く着くということはまずありません。

ですが、それは近所だからこそ可能なことであって、
車や自転車などを使って遠いところから来ている人は、そうもいきません。
寄り道せずにまっすぐ帰っても宅配の方が早く着いていたということがあってもおかしくないと思います。
我が家の最短では、家に着いてから20分後に宅配が来たことがありますから、遠い人は油断できないんだろうなと思ってしまいます。

せめて、ピンポイントな時間でなくとも、例えば15時から18時の間というふうに大雑把にでもいいから指定できれば、少なくとも焦ることはないんだけどなと思ってしまいます。

ずいぶん便利なサービスですから、これ以上何を求めるんだと言われてしまえばそれまでなのですが、時間指定できれば言うことなしなので、なんだか惜しいのです。

スマホでFAX送受信

Posted By on 2013年12月10日

先日、ドコモのありがとう10年割引キャンペーンで
FOMAからXiに乗換えてきました。

もちろんスマホへの乗り換えで、
iphone5と迷ったんですけれど
結局は13年利用しているドコモに落ち着くことに、
スマホ料金も各社あんまり変わらないし、
危機感から無料サービスも充実してきた感があるし
ポイントもたんまり溜まっていましたからね。

仕事柄FAXを使用する機械が多いので、
検討しようとしていたら、
受信してメールに添付されたデータを
FAX宛てに送信できるモバイルFAXというサービスは
iMenuの公式で紹介されていたんですけれど、
転送機能みたいなものなので、
使い勝手が悪そうで選択肢からはずしました。

それでスマホは諦めていたんですけれど、
インターネットfaxというサービスを使えば
送受信がアプリを使用して
スマホからFAX送受信ができると聞いたので
ようやく機種変となった次第です。

ガラケーのインターフェースとまるで違う操作性なので
直感的に操作できてもスマホの使い勝手に慣れません。

スマホアプリは友人に良いモノを聞いたりしましたが
結局雑誌を購入して一から勉強となっています。

歳を重ねて新しい機械への抵抗感はありますが、
インターネットfaxは便利で使いやすく
外出先でもスマホからFAXできて良かったですね。

リアルタイムな伝達を可能にするインターネットFAX

Posted By on 2013年12月10日

聴覚障害者のみなさんにとってとても重要な連絡手段としてFAXがあると思います。
近年では携帯電話の発展で、人口のほとんどの人が携帯電話を持っているとされていますが携帯電話もとても大切な連絡手段だと思います。
しかし、FAXもまだまだたくさんの聴覚障害者の方々が利用されていますよね。
そのFAXですが、外出先で使うことができますか?
電話回線を使ったFAXは外出先で確認ができないのが難点と思ってる方も多いのではないでしょうか。

外出先でFAXを使うことができたら…と思ったことはありませんか?
それを可能にするのがインターネットFAXです。
インターネットFAXはインターネット環境やメールの送受信が可能な環境さえあれば外出先でも送受信することができます。
もちろんそれは携帯電話でも可能です。

メールで送り、メールで受け取る、それがインターネットFAXです。
メールと違うのは相手がFAXだということです。
メールではなくあくまでFAXなので外出先からでも聴覚障害者の方々に用意されているFAXサービスも受けることができます。
もちろん電話番号の取得も可能で普通の市外局番からのFAX番号が取得できるというインターネットFAX会社もあります。
外出先でも送受信ができるので家に帰ってから知ったという時差がなくなりますし、いつでもどこでもFAXしたいというときに使えます。
FAXはとても便利ですが外出先で使えないという部分がネックになっていますよね。
それを可能にしてくれるのがインターネットFAXです。
とても料金も安いですし、FAX機も不要で申込みしてすぐに始められますので、その便利さを体感してみませんか。

エコなFAX

Posted By on 2013年12月10日

近年では地球を守ろうという動きが盛んになったことでエコに取り組む人や企業が増えていますが、みなさんはどんなエコを取り入れて生活していますか。
便利でエコ。
それはとても理想的な形ですよね。エコだけにこだわらなくても便利であって結果的にエコであればなお良いですよね。
聴覚障害者の方々にとって必要不可欠だといわれるFAXですが、便利で文字で伝える通信手段として行政などとも繋がれるとても大事なものですが、意外にもコストがかかりませんか。
FAXは電話回線を使っていますが、FAX契約の電話回線は当然月額料金がかかってきます。
さらにFAXは紙が必要ですよね。送るときは髪に書いたり印刷したりしてから流します。
さらに受信したときも紙に印刷された状態で受け取ります。
意外と紙の消耗は激しく、それと同時にインクもしようすることになりますよね。
それらが切れてしまったときには自分で買い足しをしなくてはならないというデメリットもありますよね。
お金もかかる、買い足しにいくなど自分で動かなくてはいけないことがある…。
しかし、インターネットFAXだとしたらどうでしょう。
インターネットFAXは電話回線ではなくインターネット回線を利用したですので月額の料金が安いのに加え、FAX機自体が必要ありません。
パソコンや携帯電話、タブレットなどのインターネット環境があればFAXを利用することができます。
ということは…紙もインクもかかりませんし、買い足しの買い物に出かける必要もありません。
さらに大きな利点としてはインターネットFAXは外出先でもしようできるということです。
携帯電話やノートパソコンなどメール環境さえあれば利用可能です。
比べてみると…便利でエコではありませんか?
便利な上に結果的にエコなFAXといえます。
FAXでエコな生活、してみませんか。

ライフラインのひとつとして

Posted By on 2013年12月10日

日本では現在、昨年の大きな震災の被害や犠牲により緊急時にどう行動するべきかを問われています。
多くの犠牲者を出した東日本大震災もそうですが、大雨被害によって洪水になったり土砂崩れになったりして、犠牲者が出たこともありました。
その他にも大きな竜巻被害もありました。
そういった自然災害が今日本では多発したことで緊急時のあり方について考えるときがきています。
聴覚障害者の方々にとってはとても恐怖を感じ不安なことですよね。
だからこそたくさんの通信手段を持って誰からでも連絡や情報をもらえるように携帯電話だけでなく外でも連絡がとれる手段をひとつでも多くもつことが必要かもしれません。
そこでインターネットFAXを提案します。
インターネットFAXというのは電話回線ではなくインターネット回線を利用したFAXサービスであり、メールの送受信ができる環境があればお相手がインターネットFAXじゃなく電話回線FAXであっても送ることも受けることもできます。
災害時に一番通信が止まらないといわれているのがインターネットです。
電話回線は止まりやすく電話が殺到することでパンクしてしまうということもしばしばです。
ですから、インターネットFAXは震災時でもストップすることなく通信することができるかもしれません。
携帯電話、メール、インターネット、インターネットFAXと4つの手段を外で使えることでより情報の幅が増える可能性があります。
インターネットFAXは緊急時にライフラインとして活躍するかもしれません。
もちろん通常時も便利に活用できることでしょう。

インターネットファックスを使って色々な人と交流を持とう

Posted By on 2013年12月10日

聴覚障害者にとって会話の手段は手話、筆談が主でした。
手話はわかる人が限られていますし、筆談も思っていることすべてを書いていると時間がかかるという大変さがあります。
そんなことから思っていることが十分伝わらなかったり、誤解を受けてしまうことも多いです。
もっと自由にいつでも誰とでも会話をしたいという人も多いのではないでしょうか。
そこでインターネットファックスという便利なものがあります。
聴覚障害者はファックスを通じて会話をすることが多いですがそのファックスが劇的に便利になったのです。
従来であればファックス機を購入して設置してと時間もかかり面倒でした。
インターネットファックスはインターネットから使えるよう手続きをすると即日で使えるようになり携帯電話やパソコンがあればどこでも利用できます。
ファックス機の購入や設置の必要がなく用紙、インク、トナーなどを使う必要もありません。
従来のファックスともやり取りできるので自分だけ変えたとしても問題なく使うことができます。
維持費や通信費もずっとお得になりますし、用紙、インクを使わないのでゴミが出ずにエコにもなります。
用紙切れ、インク切れというのがないのでわざわざ買いに行くこともないのです。ちょっとした買い物でも聴覚障害者にとってはとても負担になります。
高齢化にともない耳が聞こえにくくなったという人も増えてきます。
耳が聞こえない、聞こえにくいとなると周りとの交流も億劫になりがちですがインターネットファックスを使って楽しく色々な人と交流しましょう。